新潟県のスズキ正規ディーラーサイトです。

お知らせ(スタッフによるクルマ紹介)

2014/02/18

ハスラーってホントに雪道に強いの? -ハスラー試乗レポート-

車種名 ハスラー G 4WD

1月8日新発売のハスラーは、当社の新聞折り込みチラシに「雪に強い!」って書いてありますが、「本当に雪に強いのか?」という疑問は多くのお客様にとって重要な確認事項であると思います。
そこで、当社HP担当Tと相棒Nの2名で雪上テストに出かけてきましたのでレポートしちゃいま~す。

2月18日。関東では大雪で被害が多発している中(被災地区の皆様には謹んで豪雪被害のお見舞いを申し上げます)、長岡は雪が少なめ。果たして雪上レポートが可能なのか少々心配。
用意した試乗車は、スズキアリーナ要の「Gタイプ4WD NAエンジン」、伴走車として「ジムニークロスアドベンチャー」に牽引ロープを積み込んでの2台。

DSC_1462

長岡市内は消雪パイプで道路に雪が無いため栃尾方面に向かいます。最新のR06A型エンジンは、NAでも栃尾の坂道をラクラク登ります。燃費とパワーを両立しているってホントなんですね。
DSC_1482

さて、いよいよ雪上テストのはじまり、はじまり~♪
DSC_1496
<ヒルディセントコントロール>
まずは、下り坂も安心のヒルディセントコントロール。
滑りやすい急な下り坂でブレーキ操作なしに一定速度(約7km/h)で降坂できるシステム。ドライバーはステアリング操作に集中できるんです。
DSC_1509

DSC_1516
下り坂に差しかかる前にスイッチON。ギヤをLOWに入れ、アクセルペダルから足を離す。おおっ、安定した姿勢のままゆっくり下りはじめたっ!これなら凍結した下り坂でも安心ですっ!!

<グリップコントロール>
次は、雪道での発進を助けるグリップコントロール。
雪道の様な滑りやすい路面で片輪が空転すると、駆動力が空転した車輪に逃げてしまい発進できなくなります。そこで、威力を発揮するのがグリップコントロール。スイッチをONにすると空転した車輪にブレーキをかけ、グリップしている車輪に駆動力を集中させることで発進できる様にするシステム。
DSC_1500

DSC_1515

DSC_1575

DSC_1582

実際にグリップコントロールスイッチをONにすると、深雪の中でも力強く発進することができ、ハスラーの雪での実力は本物だと感じました。

<雪道ドライブ>
最後は、雪道で安心して運転できるか?をテスト。
DSC_1526

DSC_1536

DSC_1558

栃尾の山中を20㎞ほどドライブした感想は、「全く雪道であることを感じさせない安心感」。
大きなタイヤと高い最低地上高による余裕のクリアランス性能、高い4WD性能のおかげでESP(横滑り防止装置)の出番も少なく、少し拍子抜けするほど安心して走ることができました。
相棒N談「一言で言うと安定して走れる。乗り心地も良く静かで、なんの不安も無く普通に雪道を走りました。15cmぐらいの積雪じゃあ余裕でした。4WDのハスラーは最強ですね。」

伴走車のジムニーも出番は無く、約2時間60㎞の雪道テストを終えた感想は「ハスラーが雪道に強いと言うのは本当だった」。まさに実感しました。
DSC_1568
新潟ケンミンならハスラーで決まりっっ!!!

  • 0

このページを印刷する